未来石鹸

怪しげで魅惑的な看板

京成立石駅から立石仲見世商店街を歩いてくると、
出口あたりにインパクトのある看板を見つけます。


すごいPOP



未来石鹸!?

なんなのだろう?この怪しげな名前は?
それでいて魅惑的な名前は?











2009年の『立石散策劇場』の際に
店主の鈴木さんにお話をうかがうことができました。
お店の名前もその名の通り、鈴木屋食料品店です。

「お店?うちは終戦直後から。闇市の時分からね。」

ほぼ立石仲見世商店街の創成期からあったお店です。
70年近くも現役。そのお店が売っている未来石鹸。
ますます期待が高まります。


未来石鹸とはなんですか?

真相やいかに!?






「一回使うとやめられないよ。ハーブ。ほとんど減らないんですよ。
でもね、泡はしっかり出る。半年くらいは持つからかえって得ですよ。
一度使ったら、病みつきになりますよ。」






ラベンダー、ローズマリー、カモミールなど5種類。
その方の体質に合わせていろいろと種類があります。
ひとつ1,575円。私もひとつ購入しましたが、まだ未使用です。
使ってみて、どのような効果があるのか、
またどのくらい持つかも試してみたいところです。


そんなのあり!?お試し手洗い会

きれいに洗える






『立石散策劇場』の際は、店頭に洗面器を持ってきて、
お客さんのお試し手洗い会が始まりました。

二個売れました!








こちらもすごい




奥には若干高めの「未来石鹸EX」までありました。
昔ながらの立石には
こんな「近未来」商品までも扱っているお店があるんです!!!







参考サイト